2014開幕&4.20@鴻ノ池

0
    あ!っと言う間に2014シーズンが開幕しました。

    開幕戦はバンディオンセ加古川。
    奈良クラブから移籍した選手も多く在籍しており、難しい試合になることは予想されました。


    試合は立て続けにセットプレーから失点。
    0-2とされながらも追いつきドロー。
    反省すべき点もありますが、慌てず自信を持ってトライし続けることができて良かったと思います。
    オカのヘッドもスゴかった!
    選手たちはひたむきに続けるべし、です。


    この日も遠方かつ鳴り物禁止の会場にも関わらずたくさんのサポーターが駆けつけ雰囲気を作ってくれました。
    ありがとうございます。

    他のチームも勝ち点1を分け合う試合が多く、今季の関西リーグが簡単ではないことを改めて実感しました。



    そして来る4/20の第2節はホーム開幕戦!

    奈良クラブvsレイジェンド滋賀FC

    4/20(日)13:00キックオフ 入場無料
    @鴻ノ池陸上競技場


    たくさんのサポーターの前でプレーすることが選手の喜び。
    そのサポーターを喜ばせることができればもっと嬉しい。
    笑顔のサポーターの数が増えればもっと幸せ。

    4月20日にみんなの笑顔が溢れる瞬間を期待しています。

    みんなで勝利を掴み取りましょう。
    たくさんのご声援をお願いします!!

    観客動員キャンペーンも実施中!












    営業中に奈良クラブ応援トラック発見!




    競争と成長

    0
      新シーズンが始まり、2週間が経ちました。
      選手たちも緩めていた体を戻すのに今は一番しんどい時期。
      トレーニングをたまに覗きますが、いい雰囲気でできていると思います。

      はっきり言ってチームの構想は開幕までに決まると言っても過言ではありません。
      それ以外はチームメイトのケガや成績、対戦相手との相性など外部の要因が絡むことでチャンスが回ってくるというもの。
      自力で掴むのはこの10週間なのです。
      選手たちの成長と競争が楽しみですね。



      その中でも特に元気なのはチーム最年長、シュナイダー選手。
      シュナとは現役時代に4シーズン一緒にプレーしました。

      正直、彼のデビュー当初は「大丈夫か?」とこちらが心配してしまうような選手でした。
      しかし、持ち前の努力でJリーグで戦える選手になったのです。

      懐かしい写真(笑)若っ!



      僕自身もよくシュナを掴まえてシュート練習をしたもんでした。
      そんな時あいつは絶対に断らず、外したグローブをはめ直しゴール前に立ってくれました。
      僕は以前から奈良クラブの選手に「シュナイダーってヤツがいてな…」と話していたのです。

      だからこそ、ここから這い上がって行く奈良クラブに欲しかった選手。


      絶対にもっともっと上手くなれる、強くなれると信じて選手たちには努力してもらいたい。

      そういう自分も同じですね。

      シュナはトップチームのGKのトレーニングを考案してくれたり、育成組織のGKコーチも努めトップも子どもたちにも刺激を与えてくれています。



      今シーズンも楽しみです。

      2014シーズン

      0
        昨日から中村監督による新体制のトレーニングが始まりました。

        昨シーズンの結果を踏まえて奈良クラブはもっとたくましくならなければならないことを痛感しました。

        そのためにも選手らを引っ張っていってもらえる人材を探しました。
        「coach」とは馬車。目的地まで運んでくれることを意味します。

        昇格するために今シーズンを戦いますが、選手たちだって「昇格したら終わり」ではありません。
        その先にある「Jリーグ」「プロ選手」を目指しています。

        中村監督はプロ選手経験はありません。
        しかし、指導者として貪欲なまでに勉強し、これまで鳥栖や横浜FCで幾多の選手を指導してきました。
        共に励んだ選手や関係者からもその姿勢を評価されています。

        警視庁を辞めてまでサッカーの世界に飛び込んだ意思や実際にお会いして感じた向上心は、サッカーに懸ける奈良クラブの選手たちと重なる部分がありました。

        奈良クラブの選手たちを鍛え上げ、Jのピッチに立たせてあげてほしいと思っています。

        プライベートではドライブやスキューバーダイビングを趣味とし、オフには海外を旅されています。
        お話する機会があれば本人に聞いてみてください。(笑)


        誰にでもチャンスがあるのがサッカー界。
        選手、コーチ、スタッフ誰でも成功を手にする権利があります。
        あとは結果とスタンスによってカテゴリーが変わっていくだけ。
        ただそのスピード感はものすごく早い。

        中村監督をはじめ、オカ、シュナらベテラン加入組。
        ガイト、トモ、イケ、ノモ、ケイスケら元J組。
        サク、アツシ、ユウスケ、セリらJFLから加入組。
        まっちゃん、ソメ、アキト、モリ、ショウヘイら奈良出身組。
        去年からいる選手も今年から入る選手もみんな。

        みんなここから這い上がって行ってもらいたい。
        大歓声のスタジアムでプロサッカー選手として活躍する姿を夢見てほしい。

        彼らの成長が先かクラブの成長が先か競争です。

        もちろん自分もその競争の中にいます。

        その競争がハイレベルになれば自ずと結果は出てくるはず。

        スポーツマンらしくフェアな戦いのステージを準備していくことが僕の仕事だと思っています。

        サポーターのみなさん、今シーズンも応援よろしくお願いします。


        誓い

        0
          久しぶりの更新です。

          ずっと気持ちの整理がつかず、どんな言葉を発信すればいいのかわからずにいました。
          シーズンも終わり、相談していた方々に多くの叱咤激励をいただく中で、大事なことを見失っていたのは他の誰でもなく自分自身だったのではないかと気づきました。
          悔しさと同時に霧が晴れました。

          だから今の気持ちを正直に話します。
          誤解を招く表現があるかもしれませんが、ご了承ください。


          「奈良からJリーグを」と活動を始めてからクラブは大きく成長しました。
          その中でこれまでも多くの問題や困難がありました。
          その度、リスクを背負って戦ってきた自負が僕にはありました。

          昨シーズン。結果が出ない、チームが自信を失い、サポーターの不満の声も聞こえる。

          正直「勝てばいい」とだけ思っていました。
          これまでは勝ってこれた。
          だからまた勝てる。
          勝てば黙らせられると。

          だけど勝てなかった。

          気づけば自分だけが闇雲に突っ走っていました。


          だけど、みんなが描く奈良クラブはそんなクラブじゃないと思います。
          僕が最初に思い描いたイメージも違う。

          選手、スタッフ、サポーター、スポンサー、町がひとつになり、エンブレムに誇りを持って戦う。
          クラブに集う人たちが笑顔にあふれ、暮らしが豊かになる。
          奈良に住んで良かった、奈良クラブがこの町にあって良かった。
          これまでのJリーグにないクラブ。
          そんなクラブにしたかったのに、僕自身がそれに見合うふるまいができていませんでした。


          僕はプロ選手を3度クビになりました。
          2度目3度目のクビの時にはクラブが彷徨っている状況で、戦っている選手たちはサッカーに集中できず団結していなかった。
          こんなことで、サッカー以外のことで自分のキャリアが左右されることに嫌気が差して、
          「ならば理想のクラブを作ろう」と思って始めたのに、こんなことではダメですね。

          理想はもっと大きいのにこんなところでつまづいてはいられません。
          そのためには僕自身が変わっていかないといけません。

          今、ひとりひとりとお話をさせてもらっています。
          みなさん「奈良クラブを良くしていきたい」という思いは共通しています。

          その力をお借りしてもう一度這い上がっていきたいと思っています。
          僕の無力さは痛いほどに感じました。
          だけど、簡単にはあきらめられません。
          また信じてもらえるように頑張ります。

          久しぶりにこのブログを最初から読み返しました。
          昔の僕は怖いもの知らずなほど前向きです。
          もっと熱く、もっと強く、もっと明るくやっていかないと、と思いました。

          僕にとって大きな気づきがありました。

          ここに誓うことしかできませんが、奈良クラブを、矢部次郎を、これからもよろしくお願いします。




           

          リーグ初勝利

          0
            日曜日、ようやく今シーズン初勝利を挙げることができました。

            この試合、カシリクこと橿原陸上競技場に900人のお客さんがご来場くださいました。


            奈良市から少し遠いカシリクでのリーグではこれまでこんな人数を集めることができなかったし、開幕戦のホームゲームで敗れていたため、集客が難しいかとは思っていたのですが良い意味で予想を裏切る結果となりました。

            試合も本来の動きを取り戻しつつあり、良かったと思います。

            これからも勝ち続けられるようにチーム一丸となり頑張ります。



            感謝。

            0
              開幕戦。

              序盤に多くのチャンスを決めきれず、逆にロスタイムに失点し敗れるというサッカーにありがちな展開にしてしまいました。

              たくさん駆けつけてくれたサポーターやこどもたちの前で勝利をプレゼントすることができず悔しいです。

              しかしまだリーグは始まったばかりたし、切り替えて顔を上げて次の勝利を目指していきます。

              スタジアムの雰囲気、最高でした。

              ピッチサイドから選手たちへの指示の声が伝わらなかったほどです。

              それほど素晴らしい応援を選手たちも確かに感じています。

              今日は良い結果になりませんでしたが、次こそはみんなと一緒に喜びたいです。

              そのチャレンジこそが奈良クラブの価値。

              がんばります。


              試合後、恒例のこどもサッカー教室。

              敗戦の後にも関わらず、選手たちは快くこどもたちに接してくれました。




              こどもたちの飛び跳ねる様な表情を見るとたいせつなことを思い出さしてくれますね。

              そして、試合運営に携わってくれたスタッフ・ボランティアの方々、ジュニア・ジュニアユースの選手たち、みんなに感謝です。

              本当にありがとうございました。



              これからも応援お願いします。

              開幕直前

              0
                いよいよ明後日に開幕が迫って来ました。

                プレシーズン、トップチームはなかなか良い感じで準備をすることができたと思います。

                もちろん良いことばかりではなかったですが、良くないことも力に変えることができています。

                あとは、このエネルギーを試合で爆発させ、うまく軌道に乗りたいですね。

                ただ、リーグはどこのチームと対戦しても簡単ではないし、プレッシャーもあります。

                特に今シーズンはJ3が話題になり、奈良クラブの結果に注目が集まることも予想されます。

                その中でも自分たちを見失わず、ひたむきに前に進む努力をすれば自ずと道は拓けるでしょう。

                ボールがどう転ぶか、それが問われるシーズンです。

                選手たちはサッカー人生をかけ、奈良に集まりました。

                サポーターのみなさんも一緒に戦いましょう。

                今シーズンも応援よろしくお願いします。






                0
                  家の近くの桜並木も満開です。

                  奈良に帰って来て7回目の春。

                  移籍、引退で幼稚園を3回転校した娘も小学校を卒業です。


                  ジュニアのこども達も卒団式。


                  ジュニアユースに上がる子もいれば、そうでない子もいます。

                  だけど、これからもずっとつながっていたいと思っています。
                  奈良クラブファミリーやからな。

                  1期生、2期生も駆けつけました。


                  早いものです。

                  どんどん大きくなっていく。
                  その早さに置いていかれないように。

                  言うてる間に開幕も間近。

                  サッカーをしていれば一瞬一瞬を生きている実感があります。

                  今シーズンの奈良クラブのワンプレー、選手たちの輝きを見逃さないようにお願いします。

                  4/14、開幕(@鴻ノ池陸上)です。



                  生き方と戦い方

                  0
                    日曜日は名古屋グランパスとトレーニングマッチ。

                    結果は1-2でしたが、セレッソ戦よりも自分たちの時間を作ることができたと思っています。

                    選手たちはここまで素晴らしい取り組みをしてくれています。

                    新加入選手たちも「奈良クラブのサッカー」を覚えようと前向きです。

                    新加入の選手たちが口々に言うのが「雰囲気が良い」「オンとオフがはっきりしている」「みんな熱い」。

                    これまで積み上げて来たことがJクラブ相手に一歩も引かない内容に出ています。

                    ただ、必ず良くない時も来る。

                    その時も全員でひたむきに戦うことができれば必ずこっちにボールが転がって来るはず。

                    また明日からみんなで戦う準備をしていきます。


                    さてさて、話はまたユニフォームに。

                    今回もやっぱり。




                    奈良クラブの足跡残してきました(笑)

                    今回、初めてグランパスのクラブハウスに息子を連れて行きました。

                    監督室に入れてもらいピクシーに挨拶して(「いつもYouTubeで見てます」という息子(笑))、グランドでボールを蹴らせてもらって、至れり尽くせり。

                    選手らはこどもに優しく、楢崎さんはもちろんのこと、高木選手、藤本選手、田中隼選手らはわざわざ声をかけてくれました。

                    闘莉王選手なんて息子をロッカールームに招き入れフルーツの盛り合わせをくれました。

                    帰りの車中で既に息子はグランパスファンに(笑)

                    冗談抜きで一流の選手はこどもに優しい。

                    息子にとって一流に触れられた良い機会でした。

                    もちろん、奈良クラブの選手たちもみんなこども好き。

                    むしろ、こどもと遊べない選手はボールとも遊べないかもしれませんね。


                    話は変わり、今日は3.11。

                    2年前のその頃はまだ奈良クラブは土の野球場で夜練習をしていました。

                    午前練習へと移行する時期だったので、「サッカーをしていていいのか」と心が落ち着かなかったことを思い出します。

                    あれから2年、サッカーを通じて地域を人々を元気にすることが少しずつできるようになってきた奈良クラブです。

                    今、自分たちができること、やりたいことを精一杯することが生きるということだと思います。

                    精一杯生きて誰かの役に立てる、そんな奈良クラブでいたい。

                    そんな戦い(生き方)をしていきたいです。

                    ユニフォーム発表&Jクラブに初勝利

                    0
                      毎年話題の奈良クラブの2013ユニフォームが発表されました。





                      素晴らしいデザイン&コンセプト。

                      もちろん中川政七商店さんプロデュースです。

                      おそれいります。

                      評判はというと、発表と同時にホームページがダウンしかけ、アクセスしにくくなるほど。

                      売れ行きも好調のようです。

                      この素晴らしいユニフォームと共に今シーズンを戦っていきます。


                      3/3にセレッソ大阪とトレーニングマッチを行いました。

                      J1開幕戦の翌日とあって前日に出場が短い選手が中心ではあったものの、3-1で勝利!

                      奈良クラブ、Jクラブに初勝利。

                      選手たちは奈良クラブが話題だけじゃないところを証明してくれました。

                      素晴らしい内容でしたが、これにおごることなく開幕までに更に突き詰めていきます。





                      試合後には、またまたクルピ監督に新ユニフォームをプレゼント。

                      クルピ監督、今度はブラジルのユニフォームをくれるとか。
                      楽しみ♪

                      ちなみに昨年のユニフォームはちゃんと額に入れて飾ってくれているそうですよ。


                      開幕まで5週間。

                      今週は名古屋グランパスと練習試合です。

                      奈良クラブの新たな進化に期待しています。

                      << | 2/73PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728    
                      << February 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM