河瀬直美さんと

0
    先日、河瀬直美監督作品「火垂2009version」を鑑賞してきました。


    奈良を舞台に人間の生の一瞬を切り取った物語。

    人生はお水取りのお松明の火の粉のように一瞬なのかもしれない
    その中で精一杯生きることが誰かに伝わっていき、その人々の中に生き続ける。

    河瀬さんの解説あっての僕の中での解釈です。





    僕の「サッカー人生」も一度死んだ。







    と、思っていました。





    が、勝手に甦りました(笑)





    消えたと思っていたロウソクがまだ点いていて、地面にベチャーってなって立ってないけど意外にまだ粘ってる。

    っていう感じ。

    もちろん商品としては売り物になりませんが(笑)


    サッカーも人生も一緒ですね。




    なんて感じて外を出ると、バサラ祭りが行われていました。


    来年はチアと参加か?



    その後、打ち上げに招待していただき河瀬さんと。


    映画製作のスタッフの方々、なら国際映画祭スタッフの方々とも交流できて楽しく過ごさせてもらいました。
    同じ「奈良」というキーワードで会話がどんどん進んでしまいました。

    翌日の試合に観戦に来ていただいたスタッフの方々、ありがとうございます!


    2010年にはなら国際映画祭が行われます。

    このイベントの成功は必ず奈良の発展になると思います。


    2010年。平城遷都1300年祭・なら国際映画祭・奈良クラブ。


    奈良が飛躍する年になるよう頑張っていきましょう!

    河瀬さんの次回作にも期待!


    コメント
    決勝戦、お疲れ様でした!

    相変わらずいい顔してますね〜!

    こちらもいろいろと活動して先日はある雑誌に論文を出して掲載されました。日頃の思いが伝わったのでしょうかね。

    監督とのツーショット、最高です!!
    今度、私にも紹介してください!!

    宜しくお願いします!

    合掌
    • T.Yoshihara
    • 2009/09/02 9:28 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM