15歳の選択

0
    今日読んだ本です。

    「15歳の選択  僕らはこうしてJリーガーになった」
    寺野 典子 著


    サッカー少年の多くは15歳で大きな選択を迫られる。
    高校かクラブか、越境か否か……。
    プロで活躍する選手たちの選択を振り返った本書は、サッカー少年やそれを見守る大人たちにとって様々な可能性を提示してくれる一冊だ。


    多くのJリーガーが「まさか自分がJリーガーになれるなんて」と語っていたところが面白いです。
    Jリーガーも昔はフツーのサッカー少年だったのです。

    しかし僕が興味深く思ったのが彼らの経験。

    「Jリーグの試合でボールボーイをさせてもらった」
    「トップチームの選手とボールを蹴らせてもらった」
    「地元にJクラブが無ければJリーガーになれなかったかもしれない」

    彼らが頑張ったことは当たり前ですが、そこに恵まれた環境があったことも事実。
    彼らの多くが夢をリアルに描ける環境にいたのです。

    もちろんどんな環境でも自分次第で可能性は広がりますが、環境で良い選手が生まれる確率は高くなります。

    それを用意してあげられるのは大人。(決して過保護という意味ではありません)

    頑張ろう、奈良!






    さて、僕が15歳の頃の話をしますと。

    Jリーグが開幕し、「日本でプロサッカー選手になれる」という夢ができました。
    サッカーは中学校の部活でキャプテン。
    練習も自分たちでアレンジして「今日は左足だけ」「2タッチ以内」とか「点を取った後のパフォーマンスがおもろなかったらノーゴール」なんてワイワイやっていました。

    トレセンなどにも選ばれたりしていましたがあんまりパッとせず、1コ下のチームで大会に出ていました。
    あれは悔しかったな〜。
    ただサッカーは面白くて朝練も自主的にやってたし昼休みもサッカー。
    下校時刻が過ぎてからこっそりグランドに侵入してボールを蹴ったりしていました。
    先生も見て見ぬふりをしてくれて良い時代でした。

    結果的には中学から始めた初心者2人がレギュラーにいる中、都築(浦和レッズ)の中学を破り県大会を優勝!
    良い思い出です。

    ただサッカーだけではなく、中3まで「絵」を習っていました。(小5から)
    コンクールで銀賞を獲ったことも!
    それから山登りもしていました。

    そんな経験もサッカーにつながっていたし親には感謝です。

    そして「奈良育英が強いらしいで〜」という言葉を信じて決意した僕の15歳の選択。
    そんなに悩まなかったかな。
    安易に決めた事を後悔するほどハードな毎日が待っているとは知らずに。。。
    でも今でもその選択は良かったと思っています。

    すごく大事なことを教えてもらえた3年間だったので。

    いろんな経験を経て奈良クラブやスクールをしている今ですが、まだまだサッカーは奥が深いし進化しています。
    勉強と経験の中からいろんなことを伝えて選手のサポートができればと思います。

    「サッカー」と「奈良」。

    これからもこのキーワードにこだわっていこう。






    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM