アルビレックス新潟池田会長の講演

0
    今日は奈良経済同友会主催のアルビレックス新潟会長の池田弘さんの講演を聴くことができました。

    これまで専門学校の設立からスポーツクラブによる地域密着、人材育成を育んでこられ、

    サッカーJ1のアルビレックス新潟の他に、

    野球の新潟アルビレックスベースボールクラブ

    バスケットボールの新潟アルビレックスBB

    陸上の新潟アルビレックスRC

    ウィンタースポーツのチームアルビレックス新潟

    モータースポーツのアルビレックスRT

    チアリーディングのアルビレックスチアリーダーズ

    さらには、サッカーのシンガポールリーグにアルビレックス新潟・S

    というチームまでを創設された、言わば新潟のスポーツ文化の発起人。


    僕が高校生の頃、新潟の高校と試合をしてまず負けることはありませんでした。

    しかし、それから新潟は進化します。

    アルビレックス新潟の誕生、ビッグスワンの完成、Jトップの観客動員、J1昇格、ワールドカップに選手を輩出、地元出身酒井高徳選手のドイツ移籍。
    2008年、全社で訪れた新潟のサッカー環境にも驚きました。
    2009年、奈良クラブ初めてのJクラブの対戦も新潟でした。

    聞けば、池田さんはサッカーのことを全然知らなかったとのこと。

    きっかけはワールドカップのサッカーの盛り上がり、ヨーロッパをはじめ世界の地域クラブの存在だったそうです。

    「サッカー」「地域クラブ」は世界基準なんです、と。


    懇親会では直接アドバイスをいただきました。


    奈良でもできるはず。

    奈良クラブは「地元愛」を表現するクラブになれる。

    モチベーションが上がりました。




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM