奈良クラブ

0
    天皇杯。

    初めてJクラブと対戦した2009年のアルビレックス新潟戦は、まだ関西リーグ2部で夜練習、奈良県出身選手ばかりで戦うなど未熟な部分が多い中、敗れても良い思い出として記憶に残りました。


    それからクラブも成長し、3年ぶり2度目のJクラブとの公式戦。

    自分達の力を存分にぶつけて勝ちに行こうとしました。

    しかし、ほぼベストメンバーのセレッソ大阪になかなか自分達のサッカーをさせてもらえませんでした。

    結果は4-0。

    個人的にはやっぱりまだまだ甘いということを思い知らされた一戦でした。

    選手達は本当に良く走り、頑張った。

    それだけに、試合後には新潟戦のように感傷に浸るよりも悔しさと歯がゆさが残りました。


    でもやっぱり得るものも大きくて、これからの課題、イメージが明確になったので、
    また奈良でコツコツと積み重ねていきます。


    試合後にはクルピ監督からのおねだり(http://www.cerezo.co.jp/game_quick_report.asp?g_idx=10000233)もあり、奈良クラブユニフォームを贈呈。というか交換。

    それが話題になって奈良クラブのPRにもなりました。


    J'sGoal


    日刊スポーツ

    Twitterでも話題になりましたね。

    監督としては残念な、でもGM的にはちょっとニンマリといった超複雑な思考です。。。


    サッカー専用スタジアムに多くの奈良クラブサポーターが集まり最後まで応援してくれて最高の気分でした。

    本当にありがとうございました。


    この日の入場者数は3123人。
    近い将来、毎試合あの雰囲気を作れるようなクラブにならなければなりません。

    奈良クラブはこれからのクラブです。

    全員がひたむきにチャレンジするサッカー。
    温かくもアツいサポーター。
    一風変わったユニフォーム。

    その全てが奈良クラブのおもしろさです。

    これからも温かいご声援をお願いします。
















    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM