奈良

0
    天皇杯準決勝を勝ち、翌週の国体近畿ブロック大会は1回戦を和歌山に勝利するも、2回戦では昨年に引き続きまたしても京都に惜敗。

    少年(U-16)も女子も本戦出場はならなかったようです。

    事情により成年チームに移動しましたが、今年の春から少年のチームを見させてもらっていました。

    関西トレセンリーグでは2位となり、近畿ブロック大会のシード権を得るほど頑張っていただけに残念です。

    しかし、選手たちも奈良県もこれからこれから。

    京都・大阪・兵庫。
    つまり、Jクラブのある県に追い越すイメージを持っていきましょう。

    奈良クラブも今週土曜日(25日)に行われる天皇杯決勝を勝利し、本戦1回戦(9月2日)の京都代表(佐川印刷orアミティエ)にリベンジすべく、明日から再始動です!

    奈良でもできる!

    というのを奈良クラブが見せていけるように。

    生み出せるチームにならないと。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM