クラブ

0
    昨日の前座試合では懐かしいメンバーが揃いOB戦。
    東京や静岡から来てくれたメンバーも。
    ただただ懐かしかった。



    数年前、サッカーのレベルは県リーグや地域リーグレベルであったかもしれません。
    環境も当たり前に良くなかった。

    そんな彼らがバトンをつないでくれなければ今の奈良クラブは存在しない。

    奈良クラブのトレーニング環境を思い返すとネタのような話ばかり。

    2007年(都南クラブ時代)
    ・上西と嶋と公園に集まりろうそくの灯りや街灯を頼りに走る。
    ・「近所の公園に来てくれたら行く」というメンバーのために橿原の公園に集まることに。
    ・街灯の下で3対1のボール回しがせいぜい。
    ・Jリーグを目指す、と聞いて練習に駆けつけたサッカーファンに「嘘でしょ?」と言われる。

    2008途中〜2009年(奈良クラブ)
    ・人工芝フットサル場の空きコートで練習が行えるようになる。

    2010年
    ・一転、土の野球場を練習場にする。もちろんマウンドで転ぶ。
    ・子ども用のミニゴールを組み立てて練習するが、大人のシュートでよく壊れる。
    ・雨が降るとグランドが使用できないので、みんなで山へ走りに行く。これがめちゃくちゃキツい。それでもみんな集まった。
    ・フットボールセンターが完成し、週に1時間だけ使用する。

    2011年
    ・午前練習に切り替える。このタイミングでこれまでの功労者の選手たちが辞めざるを得なかった。


    いつの時代も昇格がミッションでした。
    周りの関心の高さは変われど、勝利へのプレッシャーはどんなカテゴリーでも変わりません。

    むしろ、県リーグ時代が一番辛かったな。「奈良のために」と戦っているのに、地元の選手たちがそれを妨げてくるのだから。

    そんな難しい時代を自分の生活の様々なことを犠牲にして共に戦ってくれた仲間たち。

    そんな彼らに進化した鴻ノ池陸上競技場でプレーしてもらえたことで少し報われた気持ちになりました。
    (というか、奈良クラブの選手として鴻ノ池でプレーした選手はほとんどいない笑)

    そして、OB会も発足してくれることに。
    嬉しいです。

    バモスも素晴らしいチームということを証明したし、サポーターのみなさんも感動的なサポートをしてくださいました。
    これからも続けていきましょう。


    いろんな人が関わって、たくさんの思いが積み重なっているクラブです。
    その中で、温かさやひたむきさは奈良クラブの歴史にいつも存在していたキーワード。

    トップチームは産みの苦しみの最中ですが、奈良クラブファミリー一丸となって乗り越えていきましょう!



    サイクル

    0
      開幕4試合を終えて1ポイント。
      さらには1得点しか挙げられていない。

      この現状はしっかり受け入れなければいけないし、改善していかなければなりません。

      応援してくれている人たちの思いを知れば変化もいずれ進化になる。



      この成績も総じて僕が原因に気づいていないことや改善を促していないことだと感じています。
      僕は僕で奈良クラブ号のためにできること、歯車が合うようにメンテナンスしていきます。

      ホーム開幕戦

      0
        ホーム開幕戦。
        試合はと言うと、
        ルーキーシゲが先制するものの、


        後半最初のセットプレーで追いつかれてしまう展開。

        その後も決定機を演出しましたがゴールを割れずドローとなりました。

        歯車が噛み合うのにはもう少し時間が必要かな。
        奈良クラブ2016号はもっと良くなっていきます。
        ご期待ください。


        話は変わって、久々のホームゲーム。

        2000人を超えるお客さんにご来場いただきました。


        試合開始2時間前くらいからゾロゾロと集まりだすいつものメンバー。

        サポーター、パートナー、友人、家族・親戚、育成組織の子どもたち、町のみなさん…。

        スタジアムに行けばみんなに会える。

        そんな雰囲気が僕は大好きです。

        僕は奈良クラブ祭りでたくさんの人と会話をします。

        「勝ってもそうでなくても自分のことのように感情が出てしまう。」
        「毎日の生活で和紋様や青赤を見ると、奈良クラブって思ってしまう。」
        「大きくなったら奈良クラブの選手になりたい。」
        「この子、赤ちゃんの頃から観戦に来ていて、最近スクールに入ってソシオになりました。」
        もはや生活の一部になっています。

        ホームゲームがこの町の文化になるように、この輪をどんどん広げていきたい。

        そのためにわかりやすいのは「J3昇格」。

        これからもみんなで「最高のホームゲーム」を生み出していきましょう。

        黒星スタート

        0
          いよいよ迎えた開幕戦。

          「開幕=年明け」ということなのか、奈良クラブサポーターはお正月モード。

          コタツにおせちにスーファミ…


          奈良クラブサポーターは愉快です。


          紅白のダンマクの裏には縁の下の力持ち。





          試合の方は、開幕特有の硬さの見られた早い時間帯に失点し、その後は早く追いつきたい思いもあり、なかなかペースを握れませんでした。

          相手にスペースが生まれだした後半には追いつけそうな匂いもしましたが逆に失点。

          奈良クラブの悪い方が出てしまったゲームになってしまいました。

          ただ、良いシーンもありましたし、新加入選手たちの特徴も垣間見れ、次はやってくれるだろうと期待しています。

          シーズンは長く、良い時もそうでない時もあります。

          良くない時でも慌てずじっくりきっちり積み重ねていけるクラブに歓喜が待っているものです。

          最後に笑えるように共に戦いましょう。


          今週末はホームゲームです!

          3/13(日) 第18回 JFL1STステージ
          第2節 奈良クラブVS.ヴェルスパ大分
          http://naraclub.jp/archives/1333

          勝ち負けよりも大切なものがある。

          0
            明日、2016シーズンが開幕します。
            オフシーズンの戦力補強から中村監督のサッカーの浸透、既存選手と新戦力の融合を進めてきました。明日の試合が完成形ではありませんが、ひとつの基準が決まる試合になります。

            開幕戦。我々のミッションは昇格であり、周りの期待も高い。こんな時、「うまくやろう」「勝とう」とするあまり力んでしまいがち。
            選手たちにあえて言いたいのは、「自分にできることに集中し、試合を楽しむこと」。


            今季より奈良クラブのコンセプトを「勝ち負けよりも大切なものがある。」と掲げました。(数年前より意識的に取り組んでいましたが発表は今季から)

            昇格がミッション、順位要件もあるのに「GMが逃げ腰だ」、なんて思われるかもしれません。
            勘違いしてもらいたくないのですが、絶対的に勝利を追い求めます。しかし、勝利だけが目的ではありません。
            勝利を追うがあまり視野が狭くなり、結果が出なければ人事転換、方針転換を繰り返すサッカー界。
            「Jリーグ百年構想」や「地域密着」、「愛されるクラブ」とは何か。
            強いクラブ?スターがいるクラブ?ファンサービスができるクラブ?プロモーションがうまいクラブ?スタジアム?それらはもちろん重要です。

            本当の意味で愛されるクラブとは。表現するのはまだ難しいのですが、一言で言うと「クラブが発する空気感」。空気感とは居心地の良さや温かさ。

            所属する選手・スタッフがまずは「人」としての成長に向けて努力していること。「技術」「フィジカル」「戦術」はもちろんですが、土台を支える「人」としての成長を意識し行動していること。
            人とは何か。サッカークラブとは何か。自分がしていることを通じて、周りの人々を幸せにできることを意識して生活できるか。

            そんなことはあたりまえだ、と言われるかもしれません。
            あたりまえのことをあたりまえに。あたりまえの精度を上げていく。それらができた時には本当の意味で強いクラブになると信じて奈良クラブは歩みたい。
            だからまずは、「自分にできることに集中し、試合を楽しむこと」。選手もスタッフもサポーターも。

            調べてはいないけど、このようなコンセプトを掲げ実践しているサッカークラブが日本や世界のトップリーグにあるのか。
            良いプレーには拍手を。究極は相手のゴールも拍手できるようなクラブになれたら。
            と、ここまで言うと本当に「GM、狂ったか」と思われるかもしれません(笑)。
            でも、そんな相手チームも幸せにしてしまうスタジアムってどこにもない。

            話が逸れましたが、明日から開幕です。どのクラブも勝点0。
            勝って3ポイント、引き分けで1ポイント、負ければ0ポイントです。
            ただ、僕たちにはこれまで「奈良クラブらしさ」を追求してきたポイントが積み重なっています。そしてこれからも毎試合、毎日積み重なっていく。
            そんな風に見れば、J3昇格できるだけのクラブになれると思っています。

            今シーズン、それを証明しましょう。


            最後にGMは「本気で昇格したいです!」


            2015シーズン終了。そして2016シーズンへ

            0
              あけましておめでとうございます。
              本年もよろしくお願いいたします。

              長くブログを書かずにいる間に。。。
              (自分のFacebookでは書いてましたが)
              奈良クラブは「JFL」に昇格、そして「J3クラブライセンス」も承認されるまでになりました。

              2014年11月。
              勝点1、得失点差1で運命が変わってしまう全国地域リーグサッカー決勝大会、通称「日本で一番過酷な大会」地決を優勝し、JFLに昇格。
              (JFAの主催する大会で奈良県のクラブが優勝するのは初めてだとか)

              喜びもつかの間、JFL開幕に向けてホームゲームの会場確保、入場チケットルートの確立、倍増する運営費のためのスポンサー営業、全国遠征ルートの確立、新戦力の確保、育成組織の人員整理、フロントスタッフの人員確保などなど。
              少ないスタッフ総動員でフル稼働し激務に追われるオフシーズン。
              僕自身、過去にJFLでのプレー経験はあるものの、GMとして、奈良クラブとしては未知なるステージへの挑戦でした。
              そして、この頃のフロントスタッフの奮闘は特筆すべきものでした。彼らの仕事は素晴らしく、この経験でスタッフの力も大いに伸びました。今更ながらありがとう。

              そして2015年3月。
              奈良クラブとして初めての全国リーグ参戦、JFLが開幕。
              30節の長丁場が幕を開けました。

              地域リーグの頃よりも倍増したホームゲーム。
              劇的な逆転勝利。
              痛恨のロスタイムの失点。
              雨の日も灼熱の日も、笑顔も涙もホームスタジアムで分かち合いました。

              2015年11月。
              シーズンが終了。
              結果として前期7位、後期7位、年間通算7位。
              平均入場者数は1861人。

              そんな2015シーズンを総括すると。。。
              パートナー(スポンサー)、行政、サポーター、町が「奈良にJリーグを」という目標のためにひとつになれました。
              これまで達成できなかった観客動員数2000人、さらには3000人を越えることもできました。
              県民が「Jリーグ」が手の届くところまで来ている実感を持てた、イメージできたことは大きな進歩です。

              その一方でやはり課題はあります。
              現実的にはJ3昇格基準を満たせなかった点ばかりで、クラブ力の未熟さを痛感しました。

              やはりJFLは地域リーグよりも1.5倍はレベルが高い。
              さらにJ3昇格を手にするクラブはさらにその倍のレベルを維持しなければならない。
              つまり、地域リーグの頃の3倍ものクラブ力をつけなければ昇格には至らない感覚を感じます。
              その感覚を確実なものにしていく努力が必要です。

              今、奈良クラブはその感覚を良い感じに掴んできています。

              それは大きなスポンサーがついた、とか、
              超有名選手が入団した、とかではなく、
              これまで積み上げてきた「奈良クラブ」への「愛」が深まってきたこと。

              「気持ち悪いこと言い出しよった」と思われるかもしれません。(笑)
              ですが本当にそんな感覚。

              詳しい話はまた日を追って。


              これまでなかなかブログを書けずにいましたが、今は自分の中でいろいろなことが吹っ切れたり、整理できています。
              自分の健康にも気を遣うようになり、10垳採未砲眄功。
              もっともっと自分の思いを知ってもらう必要もあるし、みなさんの意見も聞きたいので、これからは定期的に発信していくよう心がけます。
              どうぞ、お付き合いください。
              今日はこの辺で。

              2016シーズンも奈良クラブらしく楽しく昇格戦線に名乗りを上げましょう。




               

              地域決勝1次ラウンド突破

              0
                全国地域リーグ決勝大会1次ラウンドを3連勝・無失点で突破することができました。



                3戦とも選手はタフに戦ってくれました。
                スタッフも予測される事態に備えて段取りをしたと思います。
                そして、富士の麓にサポーターは大挙駆けつけホーム化してくれました。

                みんなの力が集まって成し得た決勝ラウンド進出のチケットです。

                本当にありがとうございます。




                あと3戦。

                まだ正式決定ではありませんが、巷では「昇格チームは4分の3」と言われています。

                中村監督曰く「75%ではない、昇格するかしないかの50%の勝負」。

                勝負の世界に「絶対」は無くて、
                どんなに良いトレーニング・準備をしたと思っていても涙を飲むことはあります。

                そうはなりたくない。

                だから最後の最後まで。
                みんなで力を合わせて戦いましょう!



                地決直前!

                0
                  あっ!と言う間に11月に入り、地域決勝大会ももうすぐ開幕です。

                  リーグ優勝を決め、全社、トレーニングマッチと準備を進めて来たトップチーム。

                  徳島ヴォルティス、ガイナーレ鳥取のJクラブにも胸を借り、手応えを感じたようです。

                  チーム内でも競争は激しく、リーグ終了した時点とはいろいろと状況も違うと感じます。


                  営業の方でも、スポンサーの方々に優勝の報告と地域決勝大会へのご協力のお願いに回り、激励とご協力をいただきました。



                  時には厳しいご意見もいただくこともありました。
                  それも愛情と捉え、より良いクラブにしていく糧にしていきます。


                  サポーターのみなさんもウズウズしているのではないでしょうか。
                  この時期はトレーニングマッチも非公開が多くありました。
                  事情を話す機会もなかなかありませんでしたが、サポーターのみなさんからはチームへのリスペクト、理解、配慮を感じました。

                  積もり積もった奈良クラブ愛、もうすぐ爆発させてください。




                  地域決勝、3年前は2勝1敗。
                  あの1敗があったから、2年を費やした。
                  あの1敗があったから、成長できた。

                  良いことも良くないことも経験して、今チームはたくましくなりました。

                  今シーズン、監督はじめ、選手たちは本当に良く頑張ってくれています。
                  めっちゃ良いチームになった。
                  このチームの一員であることにみんなが喜びを感じているはず。
                  勝てる要素はいくつもある。
                  そんな状況かもしれない。


                  ただ、

                  絶対に絶対にここで緩めてはいけない。

                  足を止めてはならない。


                  苦しい時間帯、
                  痛む体、
                  辛くなるメンタル、
                  絶対に起こりうる。

                  それらが顔を出した時に真価が問われる。



                  そんな時に、
                  チームメイトの顔を見て、
                  ベンチを見て、
                  サポーターを見て、
                  声を聞いて、
                  芝生の匂いを嗅いで、
                  ゾクゾクする緊張感を肌で感じて、
                  未来を切り開くイメージに心を震わせて、
                  サッカー選手の特権をフルに感じて、
                  あと一歩走る力を絞り出せ。

                  奈良クラブの選手は最後まで走りきるはずです。

                  素晴らしいサポーターもついてるから。

                  奈良に来た理由を思い出して、サッカー人生懸けて、ピッチで躍動すればいいだけ!

                  なんだか僕もワクワクしてきました!

                  そんな奈良クラブの応援をよろしくお願いします。


                  心をひとつにして

                  0
                    またまたご無沙汰してしまいました。
                    シーズン中、なかなか更新できずにすみませんでした。

                    土曜日、最終節を勝利し、2014関西リーグを優勝することができました。


                    山場はいくつもありましたが、サポーターの声や奈良の町の方々の想いが良い方向へ進ませてくれました。
                    本当にありがとうございました。

                    ただ、みんなが言うようにJFLへの挑戦権を得ただけで、まだ何も成し得ていない。
                    ここからが正念場です。
                    もう一度、選手、スタッフ、パートナー(スポンサー)、奈良の町、奈良クラブに関わる全ての人の力を合わせ、昇格を成し遂げましょう。



                    昨シーズンの不振。その責任は自分自身にあることも受け止めています。
                    サポーターの前に顔向けできない時もありました。
                    それでもサポーターは今シーズンもまた結集し、クラブを支えてくれました。
                    オカが言う「サポーターの力」を痛感しました。
                    固まった心が徐々に溶けていきました。

                    スポンサーの方々も同じ。
                    昨シーズンの結果に対して厳しくも温かい言葉をいただく機会ばかり。
                    「矢部君を信じる」
                    結果も出ていないのに増額してくださった会社もあります。
                    まだ目標は達していませんが、ここまでの成績を残すことができたのもそういった支援のおかげです。

                    そして、監督、スタッフ、選手たち。
                    昨シーズン悔しい思いをしてもなお、残留してくれたメンバー。
                    上のカテゴリーから移籍して再起を図るメンバー。
                    監督はプロフェッショナルな仕事をしてくれているし、アマチュアな意識の改革を進めてくれています。
                    トレーナー陣は本当に選手のそばに沿い、そっと支えてくれる人間性を持っている方ばかり。
                    運営スタッフも未知の経験の中、必死にもがいています。
                    みんな、奈良クラブの可能性だけを信じ、ここに集まってくれた。
                    今、クラブはみんなが同じ方向を向き、ひとつの目標に向かって歩を進めています。


                    「地域決勝大会には魔物がいる」

                    11月に挑む大会は「日本一過酷な大会」と称されるハードなものになります。
                    これまでも信じがたい試練が多くのクラブに襲いかかっています。

                    3年前の地域決勝。
                    ことごとくポストに弾かれるシュート。
                    1点に泣いた結果となりました。

                    「一切従心転(いっさいじゅうしんでん)」という東大寺華厳宗の言葉がそのシーズンのキャッチフレーズでした。
                    ・一切のことは心の従うままに転がる
                    という意味。

                    その時僕は「心がまだ足りていないのか」と思いました。

                    でも3年前と今では違う。
                    毎年苦しみながらも少しづつ前進した結果、クラブのレベルは上がっていると感じます。
                    ここからの戦いは、テクニック・戦術・フィジカル以外の要素が加わる。
                    それは「気持ち」、「心」。


                    奈良クラブが中心となり、奈良の人たちの心をひとつにすることができれば、どんどん素晴らしいことを生み出すことができる。
                    そんな気がします。

                    まだまだここから。

                    みんなで心をひとつにして昇格を成し遂げましょう。




                     

                    ホーム開幕戦

                    0
                      攻めながらもなかなかゴールを割れない嫌な展開の中、オカのヘディングで1-0で勝利!

                      天候不良にも関わらず1000人を越えるサポーターにお越しいただきパワーをもらいました。

                      本当にありがとうございました。



                      運営の方もクラブスタッフ、ボランティアスタッフ、ジュニアユースの選手たちのおかげで滞りなくできました。

                      ありがとうございました。







                      奈良劇場、奈良クラブ祭り、こどもサッカー教室も楽しかった!

                      みんなの笑顔が最高でした。






                      しかし、3000人集めることができなかったことはやっぱり課題。

                      本気で考えて企画・実行していかないと。

                      こちらも駅前・企業告知にご協力いただいた方々、ありがとうございました。










                      さあ、今週も頑張りましょう!








                      | 1/73PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << August 2016 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM